環境省、光化学オキシダント濃度の長期変動要因等に関する調査結果を公表

発表日:2017.03.30

環境省は、光化学オキシダント濃度の長期変動要因等に関する調査結果「光化学オキシダント調査検討会報告書」を公表した。これは、「光化学オキシダント調査検討会」が、平成26~28年度に実施したシミュレーションモデルによる各種要因の程度の解明、光化学オキシダントの原因物質の削減による感度解析等の成果を取りまとめたもの。同報告書によると、日本国内における光化学オキシダント濃度の長期変動は、1)前駆物質排出量変化(固定蒸発発生源のVOC排出量削減)、2)越境大気汚染増加、3)一酸化窒素(NO)タイトレーション効果の低下、の大きくは3つの影響を受けており、4)関東地域については、高濃度事例の増加やVOCやNOxなどの物質別の削減効果などが確認できたという。

新着情報メール配信サービス
RSS