佐賀県、「県民参加の森林づくり活動」の三次募集を開始

発表日:2017.08.07

佐賀県は、「県民参加の森林づくり活動」の三次募集を開始すると発表した(募集期間:平成29年8月4日~31日必着)。同県では、森林を守り育て次世代に引き継ぐため、平成20年度に創設した森林環境税を活用して、県民が自ら企画・立案し、地域で取り組む森林(もり)づくり活動を支援(助成)している。今回、平成29年度の「県民参加の森林(もり)づくり活動」について、三次募集を実施する。対象団体は、県内に事務所等を有しているNPO法人、ボランティア団体、自治会、労働組合、PTA、学校など。対象活動は、水源地や人家、公共施設の上部等に位置する荒廃森林の再生を目的として、自主的かつ持続的に取り組む森林づくり活動や環境教育活動で、平成30年3月5日までに完了するもの。募集団体数は2団体程度で、森林づくり活動に要する経費の10/10以内(上限1団体あたり年間200万円)を補助するという。

新着情報メール配信サービス
RSS