環境省、平成29年度低炭素型廃棄物処理支援事業(廃棄物収集運搬車の低燃費化を図る事業)の公募を開始

発表日:2017.11.09

環境省は、執行団体である(公財)廃棄物・3R研究財団が、平成29年度低炭素型廃棄物処理支援事業(廃棄物収集運搬車の低燃費化を図る事業)の公募を開始すると発表した(公募期間:平成29年11月9日~平成30年1月31日)。廃棄物収集運搬車の低燃費化を図る事業は、廃棄物収集運搬の用に供する車両の低燃費化を実施するため、先進環境対応型ディーゼルトラックの導入事業を行う民間企業等の事業者に対し、導入事業に必要な経費の一部を補助することにより、地球環境の保全及び循環型社会の形成に資することを目的とするもの。公募する補助対象事業は、廃棄物収集運搬の用に供する先進環境対応型ディーゼルトラック導入事業のうち、自家用自動車(事業用自動車以外の自動車)を導入する事業者。なお、全国8か所で公募説明会が開催される予定。

情報源 環境省 報道発表資料
(公財)廃棄物・3R研究財団 平成29年度低炭素型廃棄物処理支援事業(廃棄物収集運搬車の低燃費化事業)の公募について
機関 環境省 (公財)廃棄物・3R研究財団
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード 廃棄物処理 | 環境省 | ディーゼル車 | トラック | 低燃費 | 収集運搬 | 低炭素型 | 廃棄物・3R研究財団
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS