環境省、平成29年度低炭素型廃棄物処理支援事業(廃棄物処理施設の省エネ化を図る事業)の公募を開始

発表日:2017.06.29

環境省は、執行団体である(公財)廃棄物・3R研究財団が、平成29年度低炭素型廃棄物処理支援事業(廃棄物処理施設の省エネ化を図る事業)の公募を開始したと発表した(公募期間:平成29年6月29日~7月31日17時必着)。廃棄物処理施設の省エネ化を図る事業は、廃棄物処理施設の省エネ化を実施する民間企業等の事業者に対し、省エネ設備の導入に必要な経費の一部を補助することにより、地球環境の保全及び循環型社会の形成に資することを目的とするもの。公募する補助対象事業は、廃棄物処理施設において、省エネ設備の導入により、施設全体の年間電力量の削減率が5%以上となる省エネ化を図る事業(ただし、電気、重油等を合わせて削減する場合や重油のみの場合は、原油換算で同等以上であること)。なお、全国3か所で公募説明会が開催される。

情報源 環境省 報道発表資料
(公財)廃棄物・3R研究財団 平成29年度低炭素型廃棄物処理支援事業(廃棄物処理施設の省エネ化を図る事業)の公募について
機関 環境省 (公財)廃棄物・3R研究財団
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード 廃棄物処理 | 省エネルギー | 環境省 | 低炭素型 | 設備 | 電力消費量 | 廃棄物・3R研究財団
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS