NEDOなど、相反転プロペラ式潮流発電技術を開発

発表日:2017.11.17

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と(株)協和コンサルタンツ、アイム電機工業(株)、前田建設工業(株)、九州工業大学、早稲田大学は、次世代海洋エネルギー発電の要素技術開発として、相反転プロペラ式潮流発電技術を開発した。この発電技術は、互いに逆方向に回転する2段のプロペラを用いて発電する相反転方式を採用したもので、高い発電効率が期待でき、同じ発電量に対して装置を小型化することが可能である。今回、2017年10月17日から20日までの間、長崎湾沖において、実用化時の想定実機(プロペラ直径7m・流速4m/sの場合、定格出力500kW)の1/7スケールモデルを用いた曳航試験を実施した結果、発電性能と安全性を検証し、設計した発電効率を上回る43.1%の発電効率を確認した。今回の試験で得られたデータをもとに、数値シミュレーション技術を使って、流向も含めて周期的に変化する実環境下での運転を模擬し、発電コストの試算を行う予定という。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) (株)協和コンサルタンツ アイム電機工業(株) 前田建設工業(株) 九州工業大学
分野 地球環境
キーワード 発電効率/新エネルギー・産業技術総合開発機構/NEDO/早稲田大学/海洋エネルギー/潮流発電/前田建設工業/協和コンサルタンツ/アイム電機工業/長崎湾
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS