国交省、内航船「省エネ格付け」制度(暫定)における格付け結果を公表

発表日:2017.12.26

国土交通省は、内航船「省エネ格付け」制度(暫定)において、国内初の格付けを行ったと発表した。同制度は、内航船舶について省エネ・省CO2設備への投資環境を整備するため、省エネ・省CO2効果を船舶の企画・設計段階で「見える化」し、船舶の省エネ・省CO2性能を客観的に評価するもので、平成29年7月7日より暫定運用を開始した。今回、海運事業者からの申請に基づき、対象となる内航船舶に対して、国土交通省海事局において厳正なる審査を行った結果、8件の船舶に対し、格付け(☆の付与)を行うことを決定した。これらの船舶については、従来船より省エネ・省CO2が進んだ環境に優しい船舶であり、荷主や消費者が当該船舶を使用することで、地球温暖化対策に貢献できるという。

新着情報メール配信サービス
RSS