環境省、(独)国立環境研究所及び(独)宇宙航空研究開発機構、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)による観測データの初解析結果(温室効果ガス濃度)を公表

発表日:2009.05.28

環境省、(独)国立環境研究所及び(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)による観測データの初解析結果(温室効果ガス濃度)を公表した。「いぶき」(GOSAT)は、平成21年1月23日に打ち上げられた、温室効果ガス観測技術衛星。今回、平成21年4月20日~28日の9日間の陸上の晴天観測点における二酸化炭素及びメタン濃度について、初の解析結果が得られた。なお、同結果は未校正の観測データを用いた解析結果であり、今後、観測データの校正、処理結果の精度確認、地上からの観測との比較等に基づく検証作業が行われる。その後、校正済みの観測スペクトルデータや観測画像データを衛星打上9ヶ月後(平成21年10月下旬)より、解析処理後の二酸化炭素とメタンのカラム量や雲被覆に関する情報を衛星打上12ヶ月後(平成22年1月下旬)より、登録ユーザに配布する予定という。

情報源 (独)国立環境研究所 記者発表
(独)宇宙航空研究開発機構 プレスリリース
環境省 報道発表資料
機関 (独)国立環境研究所 (独)宇宙航空研究開発機構 環境省
分野 地球環境
キーワード CO2 | 人工衛星 | GOSAT | 環境省 | 二酸化炭素 | 温室効果ガス | 国立環境研究所 | 宇宙航空研究開発機構 | いぶき
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS