温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)プロジェクト、観測データによる二酸化炭素吸収排出量等の推定結果を公開

発表日:2012.12.05

環境省、(独)国立環境研究所及び(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)プロジェクトにおいて、同衛星の観測データによる二酸化炭素吸収排出量等の推定結果を公開すると発表した。「いぶき」(GOSAT)は、平成21年1月23日に打ち上げられた温室効果ガス観測技術衛星。この衛星観測から得られた二酸化炭素濃度データを活用して全球の二酸化炭素収支を定量的に推定するとともに、衛星観測濃度データの有用性を定量的に実証した。今回、推定結果として公開するのは、平成21年6月から平成22年5月までの12ヶ月分の全球における月別および地球を64分割した地域別の二酸化炭素吸収排出量(正味収支)。このような全球炭素循環の研究の進展により、気候変動予測の精度が向上し、その結果、将来のより効果的な地球温暖化対策の政策立案にも資することが期待される。また、今後は、推定結果を定量値としてより確実に求めるために、さらに研究を進め、濃度算出方法及び吸収排出量推定モデルの改良を行っていく予定という。

情報源 環境省 報道発表資料
(独)国立環境研究所 記者発表
(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA) プレスリリース
GOSATプロジェクト
機関 環境省 (独)国立環境研究所 (独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)
分野 地球環境
キーワード CO2/人工衛星/GOSAT/環境省/二酸化炭素/温室効果ガス/国立環境研究所/宇宙航空研究開発機構/いぶき/吸収量
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS