環境省、低コスト・低負荷型土壌汚染調査対策技術検討調査(平成29年度)の評価結果を公表

発表日:2018.04.16

環境省は、平成29年度の低コスト・低負荷型土壌汚染調査対策技術検討調査の評価結果を公表した。同調査は、低コスト・低負荷型の土壌汚染の調査及び対策に資する実証試験段階の技術を開発するとともに、当該技術開発の結果を評価し、公表することにより、土壌汚染対策の推進を図ることを目的とするもの。平成29年度の評価対象技術は、東急建設(株)が実施した「土壌地下水VOC汚染に対するバイオスティミュレーション浄化促進技術」で、開発薬剤による硫酸イオン濃度の調整効果や、テトラクロロエチレン濃度の低減効果は確認されたものの、薬剤影響範囲と適用可能条件については一部確認できなかったという。

新着情報メール配信サービス
RSS