東レ(株)、環境にやさしい「革新断熱発泡シート」を開発

発表日:2009.06.22

東レ(株)は、世界最高レベルの断熱性能を長期間保持できる「革新断熱発泡シート」の開発試作に成功したと発表した。同製品は、F種断熱材に相当する熱伝導度(0.021W/mK以下)を達成したほか、独自の「炭酸ガスバリア技術」により、断熱性能を長期にわたり維持できることが特長。また、主成分に植物由来のポリ乳酸プラスチックを適用し、製造時の二酸化炭素(CO2)発生量を従来の発泡系断熱材の半分以下に低減するとともに、新開発の「マイクロ/ナノ発泡技術」により、地球温暖化係数が炭化水素よりも低い二酸化炭素で発泡させるなど、環境にやさしい先端材料の創出を実現した。同開発品は、省エネ・エコ化が進む建築、輸送、家電、自動車などの断熱材用途に展開することで、長期にわたる省エネ効果と二酸化炭素排出削減、および地球温暖化防止への貢献が期待できるという。同社は、2012年までに本開発品の量産技術確立と実用化を目指す。

新着情報メール配信サービス
RSS