環境省、代替燃料活用による船舶からのCO2排出削減モデル事業(平成30年度)の採択案件を発表

発表日:2018.07.09

環境省は、平成30年度代替燃料活用による船舶からのCO2排出削減モデル事業の採択案件を公表した。近年、バス等においては、LNG燃料への代替によるCO2やNOx、SOxの排出削減に係る取組が活発化している。しかし、船舶においては、LNG燃料船のガスエンジンやガス供給システムといった個々の技術は確立しているものの、実船への搭載や、実際の海域で航行した際の負荷に応じて燃焼効率を最適化する制御技術などは確立していない。同事業は、LNG燃料船によるCO2排出削減効果を実証し、船舶の航行に伴うCO2排出量の大幅な削減を目的とするもの。平成30年4月24日~5月24日まで事業募集が行われ、「LNG燃料自動車運搬船によるLNG燃焼の最適化及びCO2削減効果の検証(川崎汽船(株))」など3件が採択された。

新着情報メール配信サービス
RSS