三菱重工業(株)、船舶用エンジン向けの天然ガス供給装置を国内初開発、三井造船に納入へ

発表日:2012.03.06

三菱重工業(株)は、船舶用エンジンを天然ガスで動かすための高圧ガス供給装置を国内で初めて開発し、初号機を三井造船(株)に納入すると発表した。今日、国際海上輸送における省エネ・地球環境保護に向けた取り組みが強く求められており、造船業界では環境性能を高めたエコシップの開発が活発化している。同社が今回開発した装置は、こうした情勢に対応したもので、同装置を用いてLNG(液化天然ガス)を高圧化し、エンジンに供給することで、従来の重油燃料に比べてCO2排出量を抑えることができるほか、SOx(硫黄酸化物)やNOx(窒素酸化物)の排出抑制も実現するという。三井造船への初号機納入は、2013年初めの予定であり、三井造船製の船舶用ディーゼルエンジンを用いたガス焚き実証試験に使われるという。

新着情報メール配信サービス
RSS