東京都、オリ・パラ2020東京大会におけるカーボンオフセットへの協力を呼びかけ

発表日:2018.07.20

東京都は、オリ・パラ2020東京大会の開会式と閉会式(4日間)の都内全てのCO2排出量(約72万トン)をオフセットしてゼロにする「東京ゼロカーボン4デイズ in 2020」と銘打った取組を企画し、それに資するクレジット提供の呼びかけを開始した。東京都のキャップ&トレード制度の事業者を対象に、同制度の「超過削減量、都内中小クレジット」を募集する。クレジットの募集期間は平成30年7月24日から東京2020大会までの2年間程度とされている。この取組は都の施策「ゼロエミッション東京」や、大会の「持続可能性に配慮した運営計画」を意識したもので、今後の大会のスタンダードとすべく、次の開催地パリ市にも呼びかけていきたいという。

新着情報メール配信サービス
RSS