長崎県、平成29年度大気環境調査結果を公表

発表日:2018.08.07

長崎県は、平成29年度の大気環境調査と酸性雨調査の結果を公表した。同県では、大気汚染防止法及び環境保全協定に基づき、県内の大気汚染状況の測定を実施している。平成29年度の調査結果は以下のとおり。1)大気常時測定では、県内46測定局(一般環境42、自動車排出ガス4)で実施。二酸化硫黄、二酸化窒素及び一酸化炭素は、測定を行った全ての測定局で環境基準を達成した。光化学オキシダントは全測定局で、浮遊粒子状物質(SPM)は39測定局中2局で、PM2.5(微小粒子状物質)は18測定局中2局で、環境基準を超過した。2)有害大気汚染物質調査では、環境基準が定められている4物質を含む21物質について、県内の6か所(一般環境2、沿道3、発生源周辺1)で測定を実施。環境基準が定められている4物質及び指針値が設定されている9物質は、全ての地点で環境基準・指針値を達成・下回った。3)酸性雨調査では、県内の2地点で実施し、pHの年平均値は4.77~5.00の範囲であった。

新着情報メール配信サービス
RSS