農水省、スポーツイベントにおける食品ロス削減手法の調査結果を公表

発表日:2019.03.22

農林水産省は、スポーツイベントにおける食品ロス削減手法の調査結果を公表した。同省では「2018女子世界バレー選手権大会」において、食事を提供するホテルの協力のもと、外国人選手等を対象に、通常の手法で提供した場合と、食品ロス削減に効果的な多言語での啓発資材の活用や、提供手法の工夫を行った上で提供した場合の食品廃棄物量を計測し比較する等で、食品ロス削減手法の検証を実施した。結果は、1)ポスターや三角柱ポップによる啓発を実施した場合、一人当たりの食べ残しの量は減少、2)一部の選手等が回答したアンケートでは、オリパラ2020東京大会でも同手法による食品ロス対策は有効であるとの支持を得られた。他方、日々の食事の需要量を適切に見極めることが食品ロス対策には重要であり、同東京大会では競技スケジュールや参加国等の情報に留意しながら、提供した量や食品ロスの量を計測して見える化することが予測精度の向上に資すると考えられるという。

新着情報メール配信サービス
RSS