環境省、第5回「チーム 新・湯治」セミナー(温泉地に求められるトータルデザイン力)を開催

発表日:2019.08.05

環境省は、第5回「チーム 新・湯治」セミナー(温泉地に求められるトータルデザイン力)の開催予定を紹介した。同省は現代のライフスタイルにあった温泉地での滞在方法を「新・湯治」と位置づけ、趣旨に賛同する全国の自治体、観光協会・温泉協会、ホテル・旅館、団体、企業等のネットワーク化を推進している。「チーム 新・湯治」と名付けられたネットワークには令和元年6月28日現在で247団体(社、軒、者)が参加しており、同省は構成員の連携による新たな取組の展開などを期待している。今回、チームの活動の一つであり、「温泉地に求められるトータルデザイン力」として開催する。令和元年9月12日に東京都内で、「チーム 新・湯治」のチーム員および参加を検討している団体を対象に、1)世界の視線に応え得る温泉地の表現とは(仮)、2)温泉と地元産業との連携でつくる新たな価値~嬉野茶時」プロジェクトの目指すもの(仮)に関する講演や、意見交換等を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS