環境省と日本財団、海洋ごみ対策に関する取組みを紹介

発表日:2020.02.18

環境省と(公財)日本財団は、海洋ごみ対策に関する取組みを紹介した。同省と日本財団は、増加し続ける海洋ごみの対策を目的とした共同事業を実施しており、この取組の一環として、1)「海ごみゼロウィーク」、2)「海ごみゼロアワード」を実施している。1)は、海洋ごみ問題の周知啓発とともに、海洋ごみの流出を少しでも防ぐことを目的に実施するもので、2019年度は全国約1500箇所・約43万人が参加している。2020年度は、5月30日~6月8日に実施される。今回、特設Webサイトを立上げ、団体・企業・自治体等への参加呼びかけを開始した。2)は、海洋ごみ対策の取組を国内から募集し、優良事例を表彰・国内外に発信を行っている。2019年度は問題解決に向けた行動、研究や技術、アイディア等、計254件の応募があった。2020年度の募集期間は2月18日~5月13日で、応募は特設サイトで受付を行っている。審査委員会による審査・受賞者決定・審査結果発表は同年5月~6月の予定となっている。

新着情報メール配信サービス
RSS