環境省、「大気環境における放射性物質の常時監視に関する評価検討会」(令和元年度)を開催

発表日:2020.02.25

環境省は、令和2年3月3日に航空会館(東京都港区)で、「令和元年度大気環境における放射性物質の常時監視に関する評価検討会」を開催する。同省では、大気汚染防止法が改正(平成25年12月施行)されたことを踏まえ、放射性物質に係る常時監視を行うとともに、その状況を公表している。この評価検討会は、同省が環境放射線等モニタリング調査として実施してきた地点についての測定結果と合わせて、原子力規制庁において環境放射能水準調査等として実施されてきた地点の測定結果について、専門的な見地から評価等を行うもの。今般、令和元年度評価検討会を公開形式で開催する。大気環境における放射性物質のモニタリング結果(平成30年度)について、専門的な見地から評価等を行うという。なお、傍聴希望は、事務局である(公財)日本分析センターに事前申込が必要である。

新着情報メール配信サービス
RSS