九都県市、「夏季のVOC対策」の令和2年度実施内容を発表

発表日:2020.05.27

九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)は、令和2年度の「夏季のVOC(揮発性有機化合物)対策」の実施内容を発表した。夏季は、気温が高く日射量が多いことから、光化学オキシダントが高濃度になりやすく、首都圏でも光化学スモッグ注意報が毎年発令されており、その対策には、主要な原因物質であるVOCの排出削減が重要である。また、VOCの排出削減は、微小粒子状物質(PM2.5)等の低減にも有効と考えられている。この取組は、平成25年度に始まり、光化学スモッグ注意報が発令されやすい6月から9月にかけて、有機溶剤を取り扱う工場・事業場を中心に行われているもの。九都県市では、光化学スモッグ対策の一環として、令和2年6月から同年9月までを「夏季のVOC対策」重点実施期間に設定し、事業者や住民に向けてVOCの排出削減を広く呼び掛け、光化学スモッグ等の改善に取り組むという。

新着情報メール配信サービス
RSS