滋賀県、令和元年度公共用水域水質測定結果を公表

発表日:2020.06.22

滋賀県は、令和元年度の公共用水域水質測定結果を公表した。これは、滋賀県、国土交通省、(独)水資源機構が、琵琶湖及び河川について実施したもので、測定結果の概要は以下のとおり。1)琵琶湖:北湖31地点、南湖20地点、瀬田川2地点で実施。北湖の全窒素と全りんは引き続き改善傾向が見られており、南湖の全窒素は平成30年度には高い値となったが、経年的には減少傾向にある。水質汚濁に係る環境基準から見ると、北湖ではこれまでの全りんに加え、全窒素が初めて環境基準を達成したが、深水層では全層循環が二年連続未完了となる未経験の状況が生じている。また、南湖の全窒素、全りん等、未だに環境基準を達成できていない状況があり、引き続き水質変動や植物プランクトンの発生状況を注視していく必要がある。2)河川:30河川33地点で調査した結果、健康項目は全ての地点で環境基準を達成し、生活環境項目のBODについても環境基準達成した。

新着情報メール配信サービス
RSS