環境省、平成22年春の花粉総飛散量及び飛散開始時期の予測(第2報)を公表

発表日:2010.01.22

環境省は、平成22年春の花粉総飛散量及び飛散開始時期の予測(第2報)を公表した。これによると、平成22年春のスギ・ヒノキ科花粉総飛散量は、平成21年春と比較して、ほとんどの地域で昨シーズンよりも少なくなると予測されるという。また、スギ花粉の飛散開始時期は、例年より西日本でやや遅く、東日本から北日本では1週間程度早くなると予測されており、前回の予測(速報版、平成21年12月21日発表)に比べて一部地域でやや遅くなっている。同省は、花粉症に関する調査研究の一環として、平成16年度から花粉飛散予測に関する調査研究を行っている。今回の予測は、平成21年6月から8月、特に7月上旬から8月中旬にかけての日照時間や気温、降水量などの気象条件にスギ雄花の花芽調査結果を考慮して予測したもの。また同省は、花粉の飛散状況について、2月上旬頃から「花粉観測システム(愛称:はなこさん)」により、リアルタイムで情報提供を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS