(株)クレハ、リチウムイオン電池用負極材の車載向け採用に伴い、製造設備を増強

発表日:2010.07.15

(株)クレハは、同社が製造・販売するリチウムイオン電池(以下「LiB」)用負極材が、米国のEnerDel, Inc.(以下「EnerDel」)の電気自動車用LiB負極材として採用されたこと、並びに今後も車載用LiBの需要増加が見込まれることを受け、同社のいわき事業所の製造設備(現:年産600トン)を2012年1月までに年産1,600トンへ増強すると発表した。今回採用された負極材は、石油ピッチを原料とする活性炭製造技術をもとに、同社が1991年に事業化したもの。以来、その特性である充放電特性と耐久性を活かした用途(産業用大型LiB)を中心に使用されてきた。今日、自動車及び電池メーカー各社が車載用LiBの開発に注力する中、各社で同負極材のテストが進行しており、その優れた特性から評価が高まっているという。同社は今回、同負極材の製造プラントを米国内に新設するため、その設計業務の開始について伊藤忠商事(株)及びEnerDelと合意。今後も車載用LiB負極材の供給事業を積極的に進めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS