東京ガス(株)、「羽田水素ステーション」を開所

発表日:2010.12.07

東京ガス(株)は、羽田空港近傍の大田区京浜島に「羽田水素ステーション」を建設し、平成22年12月15日に開所すると発表した。同ステーションは、経済産業省「水素利用社会システム構築実証事業」のひとつである「水素ハイウェイプロジェクト」において、事業者である水素供給・利用技術研究組合(HySUT)からの委託を受けて建設・運用するもので、日本初の天然ガススタンド併設型の水素ステーションとなる。同ステーションでは、都市ガスを改質して水素を製造するとともに、製造時に発生するCO2を分離・回収し、液化後に工業用原料として有効利用する方法などを検討する。また、製造した水素は、平成22年12月16日から羽田空港(東京都大田区)~新宿駅西口(東京都新宿区)間、羽田空港~東京シティエアターミナル(東京都中央区)間に定期営業運行する燃料電池バスに供給する。同社は今後、事業化段階に近い稼働条件での運転データの収集や、水素ステーション利用者へのアンケート調査などを実施し、水素供給の事業化に向けた課題の抽出と解決を図っていくという。

情報源 東京ガス(株) プレスリリース
機関 東京ガス(株)
分野 地球環境
キーワード 燃料電池 | CO2 | 経済産業省 | 羽田空港 | 東京ガス | 都市ガス | 水素ステーション | 水素エネルギー | HySUT | 水素ハイウェイプロジェクト
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS