環境省、平成22年度環境技術実証事業 VOC簡易測定技術分野における実証機関の選定及び実証対象技術の募集について発表

発表日:2011.01.13

環境省は、平成22年度環境技術実証事業 VOC(揮発性有機化合物)簡易測定技術分野における実証機関として(社)日本環境技術協会を選定し、同実証機関において実証対象技術の募集が開始されると発表した(募集期間:平成23年1月13日(木)~1月28日(金)17時)。この事業は、既に適用可能な段階にある先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証して情報公開することにより、技術の普及を目指すもの。今回対象とする技術は、VOC測定において、操作・管理の容易性や定量の迅速化などの特徴をもち、VOC取扱い事業所における工程管理、機器管理等、VOC排出削減の自主的取組みに有用な技術。特に、1)VOCに関して複数成分を同時に測定できる技術であること、2)操作・管理等が簡便であること、3)製品化されていること、という条件が求められている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省 (社)日本環境技術協会
分野 大気環境
キーワード 環境技術実証事業 | 環境省 | 環境技術 | VOC | 揮発性有機化合物 | 測定 | 日本環境技術協会
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS