環境省、被災地の地下水質のモニタリング調査における放射性物質濃度の測定結果(第4報)及び有害物質濃度の測定結果(第2報)を公表

発表日:2011.08.04

環境省は、被災地の地下水質のモニタリング調査における放射性物質濃度の測定結果(第4報)及び有害物質濃度の測定結果(第2報)を公表した。同省では、東日本大震災を受け、被災地の地下水について緊急的に有害物質の水質モニタリング調査を実施しており、福島県内の地下水については、放射性物質濃度の測定もあわせて実施している。今回、分析が終了した福島県内の放射性物質濃度の測定結果を第4報として(採水日:7月19、20日)、福島県及び茨城県内の有害物質の測定結果を第2報として公表した。(採水日:福島県6月10、21~24、27~30日、茨城県6月10、16、27~29日、7月1日)。その結果、放射性物質は、全10地点において、放射性ヨウ素(I-131)、放射性セシウム(Cs-134、Cs-137)ともに不検出(検出限界値:10Bq/L)であった。また、有害物質については、福島県96地点と茨城県36地点は地下水環境基準値以下であったが、福島県の5地点で地下水環境基準値を上回る値がみられた。同省では、福島県等の関係機関に測定結果を提供するとともに、地下水環境基準値を上回った地点については、福島県等において直ちに井戸の所有者に対し、飲用を控えるよう指導等を行った。今後、追加調査を実施するなど関係機関と協力して対応していく予定という。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 健康・化学物質
水・土壌環境
キーワード モニタリング/環境省/水質/地下水/有害物質/環境基準/福島県/茨城県/放射性物質/東日本大震災
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS