マツダ(株)、廃車バンパーから新車バンパーへリサイクルする技術を実用化

発表日:2011.08.24

マツダ(株)は、廃棄処分された使用済自動車のバンパー(廃車バンパー)を新車バンパーの材料としてリサイクルする技術を世界で初めて実用化し、2011年8月21日生産分より使用を開始したと発表した。現在、廃車から排出されるプラスチック、ゴムなどからなるASRは、車両重量全体の約20%で、そのほとんどがサーマルリサイクル(エネルギー回収)されている。中でもバンパーは、樹脂部品の中では大きな部品であり、廃車バンパーの回収・リサイクルにより、ASRの削減と資源の有効利用が可能となる。同社は今回、1)1990年代から取り組んできたリサイクルしやすい設計が織り込まれた廃車が増加し、効率的なバンパーの解体が可能になってきていること、および2)ヤマコー(株)と高瀬合成化学(株)の協力を得て、廃車バンパーの効率的な回収・加工を実現できること、の2点により、再生にかかる費用を抑え、新材以下の価格での再生利用を可能とした。同社では、当面、広島地区にて、同社製自動車の廃車バンパーを回収し、新車バンパーの材料に約10%混入して再生利用していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS