(株)富士経済、一次電池・二次電池の世界市場を調査

発表日:2012.02.27

(株)富士経済は、高性能化し、各種需要を取り込んで成長を続けるリチウムイオン二次電池を中心に、一次電池、二次電池の世界市場を調査し、報告書「2012電池関連市場実態総調査 上巻」にまとめた。同報告書によると、2010年の電池市場(一次電池、二次電池の合計)はリーマンショックに端を発した世界的な景気後退からようやく需要が回復し、2008年実績レベルの5兆8,274億円となった。2011年には前年比3.1%増の6兆54億円が見込まれる。それぞれの市場規模は、一次電池が2011年に1兆2,343億円と見込まれ、2016年には1兆1,716億円と予測される。また、二次電池は、2011年に4兆7,710億円、2016年には6兆5,810億円と予測される。さらに、注目市場であるリチウムイオン二次電池は、2011年の市場は1兆801億円が見込まれ、2016年には車載専用の拡大により、2010年比2.7倍の2兆4,028億円と予測されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS