環境省、環境研究総合推進費戦略的研究プロジェクト『気候シナリオ「実感」プロジェクト』の成果報告書を発表

発表日:2012.04.16

環境省は、環境研究総合推進費戦略的研究プロジェクト『気候シナリオ「実感」プロジェクト』の成果報告書を発表した。同プロジェクトは、環境省の競争的研究資金である環境研究総合推進費のもと、地球温暖化の将来予測シミュレーションを実際の社会における地球温暖化対策に役立てるために必要な予測結果の解釈に関する研究を総合的に推進してきたもの(正式プロジェクト名:「地球温暖化に係る政策支援と普及啓発のための気候変動シナリオに関する総合的研究」)。今回、2007年度から2011年度までの5年間の研究期間が終了したことから、全体の成果をとりまとめた報告書を発表した。同報告書では、成果として、日本の身近な気象(春一番、モンスーン、夏、ヤマセ、台風など)が将来どのように変化するかを世界の気候モデルを用いて予測するなど、不確かさを含む予測結果に基づいて将来の温暖化とその影響に関する最新の科学的知見をまとめるとともに、社会が温暖化対策を行う上での、研究者と社会の間のコミュニケーションについても研究している。

新着情報メール配信サービス
RSS