静岡県、試験焼却用木くずの放射性物質測定結果を公表

発表日:2012.05.07

静岡県は、試験焼却用木くずの放射性物質測定結果を公表した。これは、同県裾野市が岩手県山田町の災害廃棄物を試験焼却するにあたり、搬出予定の木くずの空間放射線量率と放射能濃度を、岩手県が測定したもの。その結果、搬出前の災害廃棄物の空間放射線量率は0.05マイクロシーベルトで、災害廃棄物の影響を受けない十分に離れた地点(バックグラウンド)の空間放射線量率と同じレベルであった。また、災害廃棄物の放射能濃度(セシウム(134+137))は、16.8Bq/kgで、受入基準である100Bq/kgを下回った。これらにより同県では、受入基準に適合していることを確認した。なお、同県では、新しい測定結果について、同県のホームページに随時掲載していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS