NEDO、平成24年度「戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業(実用化技術開発)」に係る実施体制を決定

発表日:2012.07.09

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、平成24年度「戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業(実用化技術開発)」に係る実施体制を決定と発表した。バイオマスのエネルギー利用は、化石エネルギー消費量の削減、温室効果ガス排出量の削減、エネルギーセキュリティーの確保、また地域社会の活性化と発展、廃棄物量の削減と有効利用の観点からも、今後一層の導入普及を図る必要がある。同事業は、バイオマスエネルギーの利用技術の分野で、事業終了後5年以内に実用化することを目標として、研究開発を共同研究事業として実施するもの。今回、公募し審査の結果、1)木質バイオマスのガス化によるSNG製造技術の研究開発、2)多形状バイオマスガス化発電・未利用間伐材収集効率化の研究開発、の2件を決定した。事業期間は、平成24年度から平成27年度までの最長4年間である。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 公募情報
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
キーワード 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | バイオマス | 技術開発 | 間伐材 | 木質バイオマス | 実用化 | ガス化 | SNG | バイオマスガス化発電
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS