JAXAなど、海洋地球研究船「みらい」と水循環変動観測衛星「しずく」で北極海を調査・観測を実施

発表日:2012.10.01

宇宙航空研究開発機構(JAXA)、海洋研究開発機構(JAMSTEC)及び情報・研究システム機構 国立極地研究所は、海洋地球研究船「みらい」と水循環変動観測衛星「しずく」の連携協力による北極海の調査・観測を実施すると発表した。これは、国立極地研究所がJAMSTEC所有の「みらい」を用いて平成24年9月3日から10月17日まで実施している、北極海の観測・調査航海において、北極海の観測研究や安全な航行のために、「しずく」の北極海域の観測データを活用するもの。「しずく」の高分解能データと即時提供される海氷情報を得ることで、詳細な海氷の状況を把握し、「みらい」の航行時間のロスの軽減、効率的な航海計画の立案、観測活動等に役立てられる。また、今回の観測・調査によって得られた海表面温度等北極海域に関するデータは、JAXAにも提供され、「しずく」の観測データの精度検証に利用されるとともに、近年、減少を続けている北極海氷の解析など北極域の環境変動研究にも役立てられるという。

新着情報メール配信サービス
RSS