環境省、「瀬戸内海における今後の目指すべき将来像と環境保全・再生の在り方について」に関する中央環境審議会答申を公表

発表日:2012.11.05

環境省は、平成24年10月30日に開催された中央環境審議会瀬戸内海部会で、環境大臣から諮問された「瀬戸内海における今後の目指すべき将来像と環境保全・再生の在り方について」が審議され、環境大臣に答申がなされたと発表した。今回の答申は、瀬戸内海は、比類のない美しさを誇る景勝地として、また貴重な漁業資源の宝庫として、その恵沢を国民が等しく享受し、後代に継承すべきものという理念で、瀬戸内海の環境の保全・再生に関し、従来の施策に加え、新たな課題や時代の変化への対応についてまとめたもの。今後の施策の展開として、1)栄養塩に係る知見の集積・目標の設定、栄養塩濃度レベルの管理、2)底質改善対策・窪地対策の推進、3)藻場・干潟等の保全・再生・創出、海砂利採取や海面埋立の厳格な規制及び代償措置、をあげている。同省では、答申を踏まえ、今後、瀬戸内海環境保全特別措置法に基づく瀬戸内海環境保全基本計画の改定について中央環境審議会に諮問する予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS