世界資源研究所、水資源管理のため「水使用量」と「水消費量」の違いを説明

発表日:2013.03.12

世界資源研究所(WRI)は、世界の水不足や水にかかるストレス、それに伴うリスクが懸念される中で、「水使用量」と「水消費量」の区別を理解することが重要だとする記事を発表した。それによると、水の「使用量」は、水源から取り込んで使う水の量で、産業や農業、家庭の水需要を示し、水資源への依存度や利用者間の競合の度合いも判断できる。また使用する水の大半で水質が劣化するため、水ストレスにも寄与している。一方、「消費量」は使用する水のうち、蒸発あるいは植物や製品の一部となって失われ、水源へと戻らない水の量である。これは水不足の分析に欠かせない。水使用がその下流域の水量に及ぼす影響や、水界生態系を含めた流域規模での水不足の評価に重要となる。現在、水の使用量が補充量を上回る河川流域に14億人以上が住み、今後12年間で途上国の取水量は50%増加するという。こうしたなか、WRIは、水に関するリスクを特定し防止するためには、使用量と消費量をそれぞれ把握し、水ストレスの全体像をとらえることが重要だとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS