欧州環境局、沿岸域の環境劣化を食い止めるため、各種ニーズのバランスを保つ沿岸域管理を要請

発表日:2013.11.28

欧州環境局(EEA)は、欧州沿岸域の経済的重要性が高まる一方、それを支える自然資源は劣化を続けていると報告書「欧州沿岸域の未来の均衡へ」で指摘し、沿岸域の環境に対する、生態系や産業など複数のニーズのバランスを保つための情報や計画、管理の改善を要請した。海運、港湾、漁業などの産業が盛んな沿岸地域はEUのGDPの約40%を生み出す一方、生息地の破壊、乱獲、汚染などが沿岸生態系を損なってきた。さらに気候変動や人口増による環境圧力の高まりも懸念されている。報告書は、各種の競合する利益のバランスを取りつつ、健全で強靭な沿岸生態系を確保するために、総合的な政策に基づいた沿岸域管理が必要だと指摘する。沿岸環境の健全性を測る質の高いデータをEU各国で共通化・共有し、共通の指標を整備して、統合沿岸管理と海事空間計画の策定を実施することで、幅広い生態系の問題に関し、より広範で精密な全体像をとらえることが可能となり、生態系を基本とする管理を実施できるようになるという。

新着情報メール配信サービス
RSS