アメリカ国立科学財団、生物多様性に関する複合的研究に1475万ドル助成

発表日:2017.09.14

アメリカ国立科学財団(NSF)は、生物多様性について複数の視点から研究する7つのプロジェクトに計1,475万ドル助成すると報告した。生物多様性に関する従来の研究は単一の分類群や生態系に焦点を当ててきたが、今回助成するプロジェクトは機能的、遺伝的、系統的側面を関連付け、生物多様性の創出、維持、喪失に関する理解を深める。研究成果は、農業、燃料、製造、保健分野の大幅な進歩につながる可能性もあるという。その1つ、カリフォルニア大学のプロジェクトは、カリフォルニア州の在来マメ科植物、窒素を固定する共生細菌、植物が根を生やす土壌を対象に、細菌がもたらす便益を測定する。植物と細菌の相互作用についての情報は農家に提供し、農業生産性を高めるための細菌の活用方法を示すという。その他、生態系エンジニアとしての泥炭コケのゲノム構造と適応進化、中南米における植物の種分化の生物的および非生物的要因、植物の毒素に対する昆虫の耐性などを解明する。なお、中国国家自然科学基金から45万ドルの助成を受け、助成総額は1,520万ドルとなる。

新着情報メール配信サービス
RSS