中国生態環境部、長江の保全回復行動計画を公表

発表日:2019.01.24

中国生態環境部(MEE)と国家発展改革委員会(NDRC)は、長江の保全回復行動計画を発表した。計画では2020年末までに、国家モニタリングプログラムで設定された長江流域のモニタリング断面(計測点)の85%以上を優又は良好の水質(I~III類)に、使用不適の重度汚染水質(劣V類)を2%以下に、地級市以上の都市の集中式飲用水水源の97%以上をI~III類の水質にするとしている。さらに長江経済帯における地級市以上の都市の市街地において汚濁悪臭水域の90%を解消する。行動計画は、水汚染防止、水資源の保全確保、水域生態系の保全の3つの問題を一体として取組み、工業、農業、家庭、船舶の4大汚染源の解消と、長江についての調和、健康、安全、美観、清浄の5項目の目標達成を目指す。また、8課題として、生態系保護区の管理、下水対策と陸水一体の規制、工業汚染防止、農村の生活環境改善と農業からの汚染防止、安全な飲用水の供給、船舶からの汚染防止と港湾の環境保全、水資源配置の適正化と水需要の環境適合化、生態系保全と環境破壊取締の強化をあげている。

新着情報メール配信サービス
RSS