欧州化学物質庁、欧州の5カ国が広範囲なPFAS規制に関するエビデンスの提供を要請

発表日:2020.05.11

欧州化学物質庁(ECHA)によれば、ドイツ、オランダ、ノルウェー、スウェーデン、デンマークの各国当局が、パーフルオロアルキル化合物及びポリフルオロアルキル化合物(PFAS)の使用に関するエビデンスや情報を、2020年7月31日までに提供するよう関係者に要請している。同要請の対象は、PFASを製造または使用している企業、これらの物質を含む混合物や製品を販売している企業、PFASの代替物質を使用している企業、および科学者やNGOなどである。広範囲にわたるPFASの製造・使用による環境と人への健康リスクを制限するため、今後2年かけて各国当局が共同でREACH規則案(附属書XVのドシエ)を作成する。同規則に関する決定は、EU加盟国が欧州委員会で行い、欧州議会と理事会で精査され、2025年の発効が計画されている。

新着情報メール配信サービス
RSS