東京都、東京の微小粒子状物質(PM2.5)のモニタリング結果を公表

発表日:2013.02.06

東京都は、東京の微小粒子状物質(PM2.5)のモニタリング結果を公表した。都では、平成21年に微小粒子状物質(PM2.5)の環境基準が設定され、平成22年度から3年計画で全ての測定局にPM2.5の測定機を設置しモニタリングを行うこととした。現在、56測定局で測定を実施している。今回、平成25年1月6日から2月4日の一般環境大気測定局のモニタリングの結果(速報値)を公表した。これによると、各測定局の1日平均値の都平均は14.0μg/m3で5.4~26.5μg/m3の範囲にある。平成24年の冬(1月~2月)の1日平均値の都平均は14.2μg/m3で3.6~37.1μg/m3の範囲であったことから、今のところ特に影響は見られないとしている。都では、都内に設置している各測定局の測定物質ごとの測定値をリアルタイムでホームページに公開するとともに、今後も国内外の情報収集と各測定物質の適切なモニタリングを行っていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS