(独)国立環境研究所、ボート搭載型の水中カメラを用いた浅海底観測システムを開発

発表日:2014.02.06

(独)国立環境研究所は、朝日航洋(株)と共同で、サンゴ礁や藻場などが分布する浅海域を効率的に調査するシステム「浅海底観測システム」を開発したと発表した。近年、サンゴの白化や死滅、藻場の衰退など浅海域の生態系の変化が観察されており、同域を反復して詳細に観測し、変化を定量的に明らかにして原因を究明する必要性が高まっている。これまでの調査では、GPSが使えないことから、調査対象を特定するために目印などを使う必要があった。今回開発したシステムは、ハイビジョン水中ビデオカメラとGPS及び姿勢センサを小型フロートボートに搭載した観測システムと、新たに開発した画像解析手法によって構成されたもの。潜水による調査をせずに浅海域の海底地形やサンゴなどの立体的形状の計測と、海底の観測対象に地理座標を付与する(撮影画像の全画素が位置情報を持つ)ことを可能とした。これにより、浅海域を対象としたモニタリングなど反復調査が飛躍的に進展することが期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS