環境省、平成25年度東日本大震災の被災地における化学物質環境実態追跡調査結果等を公表

発表日:2014.03.31

環境省は、平成25年度東日本大震災の被災地における化学物質環境実態追跡調査結果並びに平成23~25年度の同調査結果の総括を公表した。この調査は、東日本大震災を受け、青森県、岩手県、宮城県及び福島県の被災地沿岸域において、残留性有機汚染物質(POPs)及び被災地での取扱量が多い有害化学物質等のモニタリング調査を実施したもの(調査実施日:平成25年9月17日~10月3日(大気)、平成25年11月19日~27日(水質・底質)、平成25年11月20日~平成26年1月14日(生物))。3年間の追跡調査において既往調査結果の濃度範囲を超えた物質及び地点は、平成23年度は6物質7地点、平成24年度は7物質8地点、平成25年度は6物質9地点において、既往調査結果の濃度範囲を超えるような調査結果が得られたが、いずれも既往調査結果の濃度範囲の上限を大幅に超えるものではなかった。同調査は、平成25年度で終了となるが、今後、化学物質環境実態調査等を通じてこのような調査の継続について検討を行う予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS