環境省、平成23年度大気汚染物質排出量総合調査結果を公表

発表日:2014.04.14

環境省は、平成23年度大気汚染物質排出量総合調査の結果を公表した。この調査は、大気環境行政の円滑な推進に資する基礎資料として活用するため、大気汚染防止法に定める「ばい煙発生施設」を設置する工場・事業場を対象に、硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)及びばいじんの排出量等に関するアンケート調査を3年毎に実施しているもの。調査の結果、SOxの年間排出量は143,843千m3で平成20年度実績(176,956千m3)と比べて19%減少し、NOxの年間排出量は339,118千m3で平成20年度実績(356,011千m3)と比べると5%減少していた。また、ばいじんの年間排出量は36,529トンで平成20年度実績(47,660トン)と比べると18%減少していた。

新着情報メール配信サービス
RSS