環境省、ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)における平成26年度の実証対象技術を募集

発表日:2014.07.11

環境省は、平成26年度環境技術実証事業ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)における実証機関である「一般財団法人建材試験センター」が、実証対象技術の募集を開始したと発表した(募集期間:平成26年7月11日~8月11日17時必着)。環境技術実証事業は、既に適用可能な段階にある先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証することにより、技術の普及を目指すもの。今回対象となる技術は、建築物(事務所、店舗、住宅など)に後付けで取り付けることができる外皮技術であって、室内冷房負荷を低減させることによって人工排熱を減少させるなど、ヒートアイランド対策効果が得られるもの(ただし緑化は除く)。具体的には、窓用日射遮蔽フィルム、窓用コーティング材、窓用後付複層ガラス、高反射率建材(屋根用高反射率瓦、屋根・屋上用保水性建材)などである。なお、「屋根・屋上用高反射率塗料」は平成26年度から募集の対象外となった。

情報源 環境省 報道発表資料
(一財)建材試験センター ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)
機関 環境省 (一財)建材試験センター
分野 地球環境
キーワード 環境技術実証事業 | ヒートアイランド | 人工排熱 | 環境省 | 建築物 | 空調 | 日射遮蔽 | 外皮 | 建材試験センター | 高反射率
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS