JFEエンジニアリングなど、マレーシアで産業廃棄物焼却プラントを完成

発表日:2014.12.24

JFEエンジニアリング(株)と月島機械(株)は、両社のマレーシア現地法人による共同企業体が、マレーシア国ボルネオ島サラワク州において産業廃棄物焼却プラントを完成させたと発表した。同プラントは、ドイツ大手の廃棄物処理企業であるトリニケンス社とマレーシア国サラワク州政府による合弁会社「サラワク・ウェイスツ・マネジメント社」から受注したもので、月島環境エンジニアリング(株)製キルンストーカ炉を採用し、液体物から固形物まで幅広い種類の廃棄物を処理することができる。また、隣接する埋立地から発生するランドフィルガスを収集し、燃料として活用することで、ランニングコストの低減と温室効果ガス排出の削減を図っている。このプラントにより製油所などから発生する産業廃棄物の焼却処理を拡大するとともに、東マレーシアの病院から排出される医療廃棄物の処理を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS