名古屋大、天然に豊富なカルボン酸を効率よくアルコールに変換する触媒を開発

発表日:2015.08.28

名古屋大学は、天然に豊富なカルボン酸を効率よくアルコールに変換する触媒を開発したと発表した。カルボン酸を燃料や医薬品など多くの用途に利用できるアルコールに変換する水素化は、水しか排出しないクリーンな反応である。しかし、カルボン酸は安定した構造のため反応に大きなエネルギーを必要であるほか、水素化できるカルボン酸の種類が限られ副生成物が多い、といった問題点があった。今回、カルボン酸の水素化触媒として、新しいルテニウム錯体を開発し、安定な水素分子とカルボン酸の両方を反応しやすい状態にする重要な触媒構造の原型を見いだした。新しい触媒は温和な条件でも反応が進み、水素化できるカルボン酸の種類が大幅に増えたことに加え、カルボン酸と類似した構造を持つエステルやアミドが共存していてもカルボン酸のみが水素化される。開発した触媒を発展させることで、バイオマス資源に含まれるカルボン酸を有効利用できると考えられる。また、カルボン酸は二酸化炭素から合成できるため、二酸化炭素の資源利用にも貢献すると期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS