JAMSTECとNTT、階層・分散ネットワーク型気象予測システムの共同研究に着手

発表日:2016.02.09

海洋研究開発機構(JAMSTEC)と日本電信電話(株)(NTT)は、地球シミュレータとエッジコンピューティングを活用した階層・分散ネットワーク型気象予測システムの共同研究を開始すると発表した。近年、地球温暖化や都市化に伴うヒートアイランド現象などの影響により、極端な気象現象の頻発傾向や激甚災害の危険にどう対応していくかが社会的に大きな課題となっている。今回の共同研究は、双方の強みを活かし、スーパーコンピュータ上で鍛えられた予測シミュレーション技術とエッジコンピューティング技術を融合し、次世代気象予測の総合システムを開発するもの。各地域に分散配備されたサーバー(エッジサーバー)で、周辺のセンサー群からのリアルタイム観測データを活かした局所的な気象予測システムの技術開発を行う。さらに複数エッジサーバーの結果を解析統合することで、計算ネットワーク上としては異なる階層に属する地球シミュレータなどのスーパーコンピュータ上での広域気象予測の精度向上にも活用する双方向予測情報システムの構築を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS