環境省、日米・日ロ渡り鳥等保護条約会議の結果概要を公表

発表日:2015.12.10

環境省は、平成27年11月17日から18日に米国・フォールズチャーチで開催された、1)第8回日米渡り鳥等保護条約会議、2)第10回日ロ渡り鳥等保護条約会議の結果概要を公表した。日米、日ロの間を渡る渡り鳥の保護に関しては、それぞれ渡り鳥等保護条約が締結され、渡り鳥の捕獲等の禁止、絶滅のおそれのある鳥類の輸出入規制、共同研究計画の作成の奨励等が規定されている。今回の会議では、各国における渡り鳥保全施策や研究成果等の情報交換、渡り鳥保全のための今後の協働のあり方等について意見交換を行い、日米、日ロそれぞれの間で、引き続き協力を推進することを確認した。1)ではアホウドリの保護の取組、風力発電施設へのバードストライク防止策や、高病原性鳥インフルエンザに関する情報交換等がなされた。2)では陸生鳥類の保全やシギ・チドリ類の保全に関する意見交換、日ロ間の優先種の選定(11種)等がなされた。なお、次回会議は2年以内に開催される予定。

新着情報メール配信サービス
RSS