三菱日立パワーシステムズ、SOFCを活用した加圧型複合発電システムの実証試験を開始

発表日:2016.09.21

三菱日立パワーシステムズ(株)は、新エネルギー・産業総合開発機構(NEDO)の助成を受けて、固体酸化物形燃料電池(SOFC)とマイクロガスタービン(MGT)を組み合わせた加圧型複合発電システムの実証試験を開始したと発表した。同システムの特徴は、都市ガスを燃料として、1)改質した水素や一酸化炭素を空気中の酸素を反応させて発電し、2)残燃料と昇圧した空気をMGTに投入し、高温排気の熱を活用するなどして、3)900℃の高温で作動するセラミックス製の加圧型SOFC(加圧により電圧が増大するSOFC)の特性を活かした効率的なコージェネレ-ション(熱電併給)システムである。今回の実証機は、250kW級・発電効率55%で、東京ガス(株)の千住テクノステーション(東京都荒川区)に設置された。今後、実証サイトを4カ所に広げ、多様な環境下での運用効率や運転性、耐久性などの検証に取り組むとともに、コスト低減や量産に向けたノウハウなどを蓄積し、2017年度の市場投入を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS