NEDO、ロシア・サハ共和国等との風力発電エネルギー分野に関する意向表明書に署名

発表日:2016.12.16

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2016年12月16日に、ロシア連邦サハ共和国政府および国営電力会社・ルスギドロとの間で、風力発電エネルギー分野に関する意向表明書に署名した。ロシア極東地域には、約5,300の独立電力系統が存在しているが、全体にディーゼル発電の比率が高く、燃料輸送コストのかからない風力発電システムなどによる安価な電力の確保が求められている。同地域の風力発電ポテンシャルは最大300MWに達すると試算されているが、導入を推進するためには、システムの寒冷地対策および出力変動に対する独立電力系統の安定化に関する技術の確立が課題となる。今回の意向表明書は、独立電力系統地域における風力発電の普及拡大を目的として、NEDOがカムチャツカ地方で進めてきた実証成果を各者が共有し、サハ共和国を対象とした新たな実証事業の検討を視野に入れた情報交換等の協力を加速するものであるという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
環境総合
キーワード 風力発電/新エネルギー・産業技術総合開発機構/NEDO/実証/ロシア/コスト/出力変動/意向表明書/サハ共和国/ルスギドロ社
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS