富士経済、太陽電池や太陽光発電ビジネス世界市場の展開を大胆に予測

発表日:2017.02.24

(株)富士経済は、太陽電池および太陽光発電関連市場を調査した(調査期間:2016年9月~12月)。太陽電池市場は2000年代後半から欧州で拡大し、米国、中国、そして東南アジアやインド、中東、アフリカなど様々な国や地域に普及が進んでいる。2016年11月に「パリ協定」が発効され、持続可能性があり、再生可能エネルギーの発電コストが既存の系統電力の発電コストと同等もしくは安価になる構造(グリットパリティ)の達成が近づいているとされる太陽光発電などに対する注目が一層高まりを見せている。一方、日本国内では、2012年度に始まったFITによる特需が2015年度にピークを迎えた。太陽光発電所の新設は、大型案件の着工を残すものの、今後は運用の段階へと進み、運転管理業務など関連サービスの成長が期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS