三菱商事(株)と九州電力(株)、森林バイオマスを活用した国内排出削減事業に参加

発表日:2009.04.15

三菱商事(株)と九州電力(株)は、林野庁及び福岡県と連携の上で、国内クレジット制度に基づき、福岡県内で計画中の2件の排出削減事業に参加し、共同実施者(国内クレジットの買手)として両事業の実現に向け協力することに合意したと発表した。同事業は、キタヤマコーポレーション(株)による福岡県那珂川町の「清滝」、及び地域中央開発(株)による同県八女市の「べんがら村」の両温泉施設において、木質バイオマス焚きボイラーを導入し、製材所等で発生するおがくずや地域森林から発生する間伐材等を燃料として有効活用することで、当該温泉施設において熱源として使用されていた重油の消費量を削減し、二酸化炭素の排出削減に貢献するもの。これらは、バイオマス資源の地産地消さらには福岡県の山村・林業分野の活性化にも資する、林野部門初の国内クレジット創出事業となる予定であり、今後、国内クレジット制度に基づく事業承認の手続きを進めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS